高所恐怖症と敗北感

新緑の山地に調査に行ってきました。
今回は、沢筋を登ったり、尾根を縦走したり、また崩壊地を掘ったり、ハードでしたが楽しい調査でした。
山はちょうど新緑の頃で、とても綺麗でした。

僕は昔から高所恐怖症なのですが、今回は山の頂上付近が岩場になっていて、
どうしてもそこを通過する必要がありました。
どんなに斜面がきつくても、地表が見えてて樹があれば大丈夫な自分ですが、
岩場や吊り橋のような下が見えるようなロケーションはとても苦手です。

そういえば、十津川村の谷瀬の吊り橋ですら渡りきったことがありません。
今回は一人で岩場を這い蹲って(お尻を付いて)なんとか渡りきりました。
ポケットに手袋や調査の小道具を入れていたのですが、そんなポーズで岩場を登り降りするんで物を少し落としてしまいました。
後ろに落とした手袋などが見えているのですが、取りに戻ることもできずにそのまま前に進むことしかできませんでした。

そんな思いをしながら調査をした訳ですが、結果は・・・
敗北感でいっぱいです。この次はリベンジですね。

写真中央のとんがった山のてっぺんを通過する必要があります。
b0126684_10113217.jpg
てっぺん付近の平場から撮った景色
b0126684_10114721.jpg
てっぺんの岩場を登り降りする途中で岩棚がありました。これより先には進めません。リュックの向こうは数十メートルの断崖です。なので景色の良いところで撮影なんかできようはずもありません。この写真が涙流しながら決死の思いで撮った1枚です(怖)
b0126684_1012410.jpg




b0126684_1012519.jpg
アオダイショウ
b0126684_10131454.jpg
ニホンヒキガエルの幼生
b0126684_10133340.jpg
ブチサンショウウオ
by skamisaki824 | 2009-05-14 21:00 | その他
<< TORIZANMAI 三田市母子周辺散策 その2 >>